« お婆さまがやってきた | トップページ | 3階部分増築 »

2015年2月15日 (日)

大草原の小さな天使 ブッシュベイビー

2015021501meisaku01
TOKYO MXの世界名作劇場、再放送枠でブッシュベイビーが最終回となったので
感想を書いてみようと思います。

世界名作劇場というとヨーロッパやアメリカが舞台のお話が多かったりするのですが
この作品は、アフリカが舞台のお話となっています。
ひょんなことからブッシュベイビーの子供を飼うことになった女の子が
最終的にそのブッシュベイビーを野生に帰すというお話です。
この話の流れはラスカルに似ている部分がありますね。

ただ、基本日常系でストーリーが終始していたラスカルに対し
このブッシュベイビーは前半が日常系、そして後半は旅物へと変化していきます。
前半が日常で後半が旅物というと「ピーターパンの冒険」が近いかな?
そして「ペリーヌ物語」とは逆のパターンですねw

主人公はジャッキーという女の子でイギリス人。
野生動物保護官として赴任しているお父さんや家族と共に
ケニアに住んでいるという設定ですね。

前半の日常系ではブッシュベイビーのマーフィーを育てる苦労を描いたり
友達との交流を描いていました。
後半では、家族でイギリスへ帰る予定だったのが
マーフィーを国外へ持ち出せない事態となり、更には密猟者の追っ手も加わって
マーフィーを自然へ帰すための旅が始まるのです。

このブッシュベイビーという作品、舞台がアフリカということで
イメージとしてはアフリカの動物達と戯れるほんわかした作風なのかと思っていたのですが
中盤から後半にかけては緊迫感のあるシーンが多く、面白いストーリーになっていました。
密猟者を出してきたことが大きいですね。
密猟者を探し出そうとする回があったり、密漁の証拠を得てしまったために
密猟者から追われる身になってしまったりと色々と危険な目に遭うことになります。
その他にも火事や雨といった災害に遭遇したり猛獣に襲われたりと次から次へと
うまく災難が降りかかってくる作りですね^^;

マーフィーとの別れは多少ファンタジーな演出も入れつつ
ホロリとさせる内容でした。

主題歌もなかなかインパクトがありました。
これまでのシリーズには無い勇ましい曲ですねw
まあ、途中で変わってしまいましたが・・・

 

ランキング参加中
にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ
バナーをクリックすると、ランキングポイントに加算されます。
当ブログを応援していただける方は、ポチっとクリックお願いします^^

|

« お婆さまがやってきた | トップページ | 3階部分増築 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

世界名作劇場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大草原の小さな天使 ブッシュベイビー:

« お婆さまがやってきた | トップページ | 3階部分増築 »