« ロケットを作る | トップページ | 世界名作劇場一気見シリーズ、これまでと今後 »

2014年12月15日 (月)

ピーターパンの冒険

2014121501meisaku01
「ピーターパンの冒険」を全話視聴しました。
この作品は今まで見たことがありませんでした。
また、原作やディズニーアニメも見たことがありません。
ピーターパンが現実世界の子供たちをネバーランドに連れて行き
フック船長と戦うみたいなざっくりしたイメージがある程度ですねw

そのざっくりしたイメージのせいで、あまり面白くないんじゃないかと思い
今回の一気見シリーズでは後回しにしていた作品でした。
まあ、実際に見てみてその心配は杞憂に終わりましたけどね^^

さて、この作品、世界名作劇場の中でも異彩を放っています。
世界名作劇場のシリーズはなんだかんだで現実世界の中で
繰り広げられるお話が多いです。
ファンタジー作品を題材にしているのはこれくらいではないでしょうか。

なので他の名作劇場シリーズではなかなか見られないような
アクションシーンがてんこ盛りの作品となっています。
見ていると本当にキャラクター達がよく動くんですよね。
最近のアニメでたまに見られる全然動かない手抜きアニメに見習わせたいw
ルーシーの時にもよく動くな~と思っていましたが
ファンタジー設定でアクション冒険物なだけに、
より派手にキャラクター達が動いていたり
背景や建物、乗り物なんかも派手に動いたり壊れたりしていて
これはすごいな~と感心して見ていました。
もちろんこの作品の放送当時はCGも無くほとんど手書きでしょうから
より凄さを感じます。

全体の流れとしては、序盤から全体の半分くらいまでは
ウェンディ達がネバーランドにやってきてそこで暮らす様子や
ちょっとした事件などを1話完結で描いたものが多く、
非日常世界での日常生活を描いた不思議な作りとなっていますw

で、20話を過ぎたあたりで大きく話が動き出し
ストーリーも1話完結から続き物のストーリーへと変化していきます。

どうも原作の内容は前半部分のみで
後半からはオリジナルストーリーになっているようですね。

ラスカルが出てきたのもわたしとしてはアリだと思いました。
様々なCLAMP作品にモコナが出てくるようなものと思えば
ファンタジーなネバーランドに出てきても全然問題ないでしょうw

見た感じだと、やはり冒険活劇ものとして見るのが良さそう。
勢いで突っ走っているようなストーリー展開もあったりして
なんだか唐突具合がすごい場面もあったりしますw
まあでもそこは突っ込まず、派手に動く動画が楽しめればそれでOK
と許容するのがよさそうですw
基本子供が見るものですしね^^

 

ランキング参加中
にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ
バナーをクリックすると、ランキングポイントに加算されます。
当ブログを応援していただける方は、ポチっとクリックお願いします^^

|

« ロケットを作る | トップページ | 世界名作劇場一気見シリーズ、これまでと今後 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

世界名作劇場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピーターパンの冒険:

« ロケットを作る | トップページ | 世界名作劇場一気見シリーズ、これまでと今後 »